誰もが働きやすい職場を目指します!

株式会社太平環境科学センターは、一般分析・極微量分析、環境調査などを手掛け、自ら調査・分析した結果書を通して安全で快適な地球環境を創る事を目指しています。
ワーク・ライフ・バランスの改善や残業を減らす取組みのなか、平成30年にえるぼしの3段階目に認定されており、今回お話を伺いました。
<お話を伺ったみなさん> 代表取締役 坂本雅俊さん、お客様満足推進室長 高橋麻紀さん、
             事業部分析課技術専門課長 範暁波さん、事業部分析課係長 松﨑裕加さん、
             事業部分析課係長 竹内美惠さん

女性活躍推進に係る取組みを始めるきっかけなど

Q.女性活躍推進に係る取組みを始めるきっかけは?
A.私たちの仕事は女性に向いていると思うし、優秀な人も多くいます。男性の新入社員が少ないこともあり、その女性の良さ、能力を引き出すべきだと考えました。積極的に動き出したのはここ何年かです。
 

取組みに関して特に工夫したこと

Q.特に工夫した点などは?
A.就業規則等を見直して働きやすい制度にしていますが、それに合わせて雇用形態も正社員、パート社員だけではなく、限定正社員や嘱託、契約社員など、細かく生活に応じた雇用形態を設けています。原則、残業が全くないのが限定正社員で、お子さんを送り迎えするために、時間を早めて時差出勤できるようになっています。
勤務時間が長いと女性はなかなか定着しないので、分析を自動化して勤務時間を短くしました。実際自動化した後は、女性の割合が高くなっており、今後も、女性の比率は高くなると思っています。社員を、いかに早く家に帰すかというのが大事だと思うんですね。定時近くに帰す。課長、部長でも、いかに早く帰すかというのが非常に大事なんです。集中して仕事、そして就業時間内に成果を出しているから、認めてくれるんだろうと思います。
 

女性活躍推進に係る取組みを進めるメリット

Q.女性活躍推進に係る取組みを進めるメリットは?
A.実際に女性の比率は高くなっているし、外国から来た女性の方で、努力して周りからも認められるようになって、60歳で一度定年退職したのち再雇用している方がいます。女性活躍に限らずダイバーシティの観点からは、ほかにも定年後、再雇用で働いている方がおられて、技術的にもすごく優秀で、管理職的な立場で活躍されています。雇用形態の多様化の一つとして、今、シニアスペシャリストという役職で働いていただいています。
 

今後の取組み等について

Q.今後の取組みとしては?
A.「えるぼし」を取得した際にも言われましたが、今回女性が活躍できる会社であることが認定されました。しかし、さらに活躍できるとともに、真に活躍できる女性を育成してほしいということでしたので、それに取り組んでいきたいと思います。今後は、女性の活躍のみならず、ダイバーシティの実現に向けた取組みが必要でしょうが、今始めたばかりです。本当の意味で、会社が人材と理解しあって成果を上げていく循環ができていくと、自然と女性の活躍やダイバーシティ推進の流れができてくるということでしょうね。
 

会社概要

株式会社太平環境科学センター
〒812-0863 福岡市博多区金の隈2丁目2番31号
代表取締役 坂本 雅俊
ホームページ
電話 092-504-1220
FAX 092-504-1523
創業:1973年

 

◇◇見える化登録情報はこちらをご覧ください◇◇

一覧に戻る