堅実に実績を重ね女性活躍推進社会を牽引

西部電気工業株式会社のみなさん

働きやすい職場づくりを進め、長く働ける環境を提供

西部電気工業株式会社は、NTT事業部門、開発営業部門の2本柱で、ICTソリューション、ソフトウェア開発、土木・情報インフラ設備、建築設備、環境プラント、太陽光発電、情報通信エンジニアリングの7つの事業を手掛けています。福岡に本社を設け、九州・沖縄を中心に関東、関西にも営業拠点のネットワークを広げています。従業員数は約1100人、うち1割が女性です。
人事部人事担当部長の柳川正義さんは、「当社は、創業以来、培ってきた技術力を駆使して九州の情報通信インフラ建設・整備を担い事業活動を展開してきました。さらに高度化する通信ネットワークの構築をはじめ、ICT技術を駆使したビル設備のスマート化による快適なオフィスのご提供、環境保全に寄与した新エネルギー関連システムの構築等安全・安心な社会づくりを行っています。業種柄、他業種と比較しても女性の割合が少ないのですが、女性活躍推進法の施行後から職場の環境整備を進めています。女性の産休・育休の取得率は100%。男性の育休取得者もいます。2017年7月に女性の活躍推進の取り組み状況が優良な企業に与えられる「えるぼし」の最高ランク『3段階』の認定をいただきました」と説明します。
同社では、女性社員をさらに増やしていくために、採用・育成担当として女性を配置し、女子学生を対象とした会社説明会を実施するなど、採用活動に力を入れているほか、育休取得の実績を重ねることで対外的にアピールもしています。
「おかげさまで、女性の採用も増えつつあります。また、働きやすい職場づくりを進めたことで、特に女性社員の離職率は低く、長く働いていただいています」と話します。

多様な人材が活躍する『働きがいのある会社』を目指す

人事部人事担当部長の柳川正義さん

女性が活躍する職場づくりを進めるために、同社は制度の周知に注力しています。階層別に定期的に研修を実施していますが、その際に必ず産休や時短勤務制度などの説明をしているといいます。柳川さんは「男女問わず、さらに管理職にも制度を正しく理解してもらうことで、育休などを取得しやすい職場環境を実現することができるのです」と強調します。
また、同社は女性社員間のコミュニケーションの場として、本社の女性社員を中心に集う「なでしこ会」を結成。「なでしこ会は、女性社員の交流を促し、互いの職場での様子など情報交換の場です。会長、社長をはじめ、経営陣もゲストとして出席しています。軽食を準備するなど、堅苦しくなく、自由に発言できるような雰囲気づくりを心掛けました」と柳川さん。
さらに、なでしこ会から派生して、小学生以下の子どもがいる社員たちが子育て中の悩みを相談しあう場も設置。その中で「産休や育休を取得する際に必要となる書類が煩雑で分かりにくい」と言う意見があがったことから、書類の作成方法などを社内イントラで掲示するなど、新しい取り組みにつながったといいます。
次に同社が計画しているのが、テレワーク(在宅勤務)の導入です。「育児と仕事の両立」を念頭に、現在、育児のための時短勤務者を中心として、業務の洗い出し作業などを進めています。着実に、女性が活躍できる企業としての歩を進めている同社代表取締役社長の熊本敏彦さんは、今後の展望について「旧態依然とした慣習や価値観などが職場風土としてあれば、先ずはそこから是正していくとともに、男女関係なく、多様な人材が活躍する『働きがいのある会社』の実現に向けて、今後、さらに取組みを進めていきたいと思います」と話しています。

何でも言い合える仲間に感謝 上田ゆかり(うえだ・ゆかり)さん 入社12年 事務職(総務担当)

インタビューを受けるうえだゆかりさん

私が就職活動をしている時期に、福岡西方沖地震があり、地元で働きたいという思いがありました。そんな時、土木やインフラ整備事業などを手掛けている当社を知り、しかも文系出身者でもソフトウェア開発として活躍できることを聞いて応募しました。

入社した当時は、ソフトウェアの開発チームの一員として仕事をしていました。ソフトウェア開発の部署は男性が多い職場でしたが、しっかりした研修制度があり、女性をサポートする仕組みもあったのでやりがいを持って働くことができました。

2011年から総務に異動しています。今は子育て中ですので、9:30~16:30の時短勤務で働いています。当社では、子育て中の時短勤務について、管理職の方も理解して頂いています。ただ、私自身は制度を利用することを、当然の権利だと思わず、周囲に感謝するよう心掛けています。

男性だから、女性だからではなく、同じように働く社員の1人として何でも言い合える職場の仲間がいること、その環境にいられることに感謝しています。

社会に参画する姿勢が大切 興梠紗也香(こうろき・さやか)さん 入社11年 事務職(採用・育成担当)

こうろきさやかさん

私は、地元九州で働きたいと考え、九州に各拠点がある当社を選びました。入社当時は、全社的に女性も少なく、同じ部署の十数人のうち、女性は私だけということもありました。ただ、働きづらさはまったくなく、男性も女性も少しずつ歩み寄り、互いの良さを認め合って仕事を進めていけたと実感しています。

2018年7月から人事部の採用・育成担当をしています。具体的にはインターンシップの受け入れやさまざまな大学に出向いて当社の概要説明を行っています。また、当社は技術系の業種が多いのですが、文系理系に関係なくリクルートをしています。

女性活躍推進の取り組みについて、採用面からお話しすると当社は、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の女性登用に関して「採用者に占める女性割合を10%以上とする」という目標を掲げていますので、そこを意識した取り組みを進めたいと考えています。以前に女性を対象とした会社説明会を実施した経験もあるので、今後、女性の採用に結びつくようなイベントも企画したいと思っています。

個人的には、男性だから女性だからではなく、一人ひとりが足りない部分を補い合って、共に社会に参画していく姿勢が大切さだと感じています。その中で私も、私自身の役割を見出し、活躍の場を広げられればと願っています。

会社概要

西部電気工業株式会社の外観

西部電気工業株式会社
〒812-8565 福岡市博多区博多駅東3丁目7-1
電話:092-418-3111
FAX:092-418-3349
ホームページ(外部リンク)
代表取締役社長:熊本敏彦
創業:1947年

一覧に戻る